ゆるキャン△聖地巡礼[駒ヶ根編]

ゆるキャン△15話から18話でリンちゃんが伊那方面にキャンプに行ってましたが、今回はそのあたりを中心に巡ってきました。
なお、今回は陣馬形山キャンプ場には行ってません。あしからず。

杖突峠「峠の茶屋」

16話の冒頭でリンちゃんが休憩していた場所です。
杖突峠からの眺めは信州三景観*1の1つとも言われているらしいのですが・・・
f:id:ashitaka56:20191022113417j:plain
曇っててなんもみえねー。
一瞬もやが晴れたタイミングもあったんですが、写真には収められず。
f:id:ashitaka56:20191022114348j:plain
リンちゃんが景色を眺めてたのは白い柵がないあたりですね。
f:id:ashitaka56:20191022113241j:plain
作中では右側の峠の茶屋が峠の食堂として登場してましたね。茶屋にはゆるキャン△の単行本がおいてありました。

光前寺

一気に移動して駒ヶ根の光前寺へ。
霊犬早太郎の伝説があるわんこ寺です。
f:id:ashitaka56:20191022135342j:plain
f:id:ashitaka56:20191022135457j:plain
でけー
本堂へ向かう道の両脇にはこんな感じの大きな木が並んでいました。

f:id:ashitaka56:20191022135832j:plain
本堂。大分木で隠れちゃってますね。。。
早太郎像が置いてあるんですが、作中通り厳つい系でした。

f:id:ashitaka56:20191022140458j:plain
早太郎のお墓。

f:id:ashitaka56:20191022200449j:plain
もちろんおみくじも購入。大吉でした。

信州駒ヶ根温泉「こまくさの湯」

17話でこまがねの湯として出てきた温泉の元ネタです。
f:id:ashitaka56:20191022152839j:plain
f:id:ashitaka56:20191022171459j:plain

温泉でリフレッシュしたあとは休憩室で一休み。
f:id:ashitaka56:20191022162343j:plain
小腹が空いたので・・・
f:id:ashitaka56:20191022163016j:plain
ミニソースかつ丼きたー
ミニですけど思ったよりボリュームあります。ソースカツときゃべつとごはんのコンビネーションが素晴らしかったです。
なお、お値段は温泉とセットで1100円*2でした。

番外編 ローメン

千明がおすすめしていた伊那名物ローメン
こちらも食べてきました。
f:id:ashitaka56:20191022130052j:plain
焼きそば風のものとラーメン風のものがあるらしいのですが、ここはラーメン風でした。
ここにソース、酢、ごま油、一味、にんにくなどの調味料で好きなように入れて食べます。
自分の好きなように味付けを変えられるというのは楽しかったです。
いろいろ試しているうちに、最後はほぼ全ての調味料を入れちゃってましたが、美味しかったですね。

余談

本当は千畳敷カールにも行こうとしてたんですが、マイカー規制を知らずに行って引き返してきたことをここに報告しておきます。

*1:残りは塩尻峠と姥捨峠らしいんだけど、ソースはない。

*2:2019/10/22時点

公園と温泉とつまみぐい

ゆるキャン△寄り道2つ目。
今回は山梨市です。

笛吹川フルーツ公園

6話で野クルの面々が訪れた公園です。
f:id:ashitaka56:20190822130310j:plain
山梨市駅からおよそ2.5kmと街中からそこまで離れてはいないものの、ずっと坂道を登ってくるのでご覧のようにいい景色です。夜景もまた良さそうですね。
f:id:ashitaka56:20190822130901j:plain
くだもの広場。
丸い形で、周りを網のようなもので覆っている独特な建物ですね。メロンでも意識してるんでしょうか。
中のお店では果物を使ったスイーツが楽しめます。
f:id:ashitaka56:20190822132526j:plain
ピーチソフトをいただきました。あまーい。

ほったらかし温泉

6〜7話で野クルの面々が訪れた温泉のモデルになったところです。
f:id:ashitaka56:20190822142654j:plain
ほったらかし温泉ってホントに面白いネーミングですね。
笛吹川フルーツ公園よりもさらに高いところにあり、いい景色を眺めながら温泉を楽しむことができます。
ここに来たからには食べておきたいもの・・・
f:id:ashitaka56:20190822150903j:plain
そう、温玉揚げです。
衣のサクサク感とたまごのとろーり感がたまりません。

以上、山梨市編でした。
これにて寄り道も終了です。

富士宮に行ってきた

いずキャン△(キャンプ抜き)の帰りに、すこーしだけ足を伸ばして他の場所にも回ってきました。
そのうちの1つ、富士宮です。

まずは、ゆるキャン△に関連するところから紹介。

富士山本宮浅間大社

36話にてなでしこが訪れた場所ですね。
f:id:ashitaka56:20190821172649j:plain
入り口の鳥居。堂々とした佇まいです。
富士山がこの右側に見えるはずなんですが、この日は見えず。

f:id:ashitaka56:20190821172906j:plain
やぶさめ。
力強さを感じます。

f:id:ashitaka56:20190821173000j:plain
楼門。

f:id:ashitaka56:20190821173353j:plain
湧玉池。
富士山の雪解け水が湧き出ているらしく、とてもきれいな池でした。

なお、ここのことをずっと「あさまたいしゃ」だと思っていた模様。。。
正しくは「せんげんたいしゃ」です。

富士宮焼きそば学会アンテナショップ

同じく36話にてなでしこが訪れた場所です。
f:id:ashitaka56:20190821174328j:plain
富士宮焼きそばのはしごしようか?と少し考えてました。

お好み焼き 伊東

36〜37話にてなでしこが訪れたお好み焼き屋のモデルになったお店です。
f:id:ashitaka56:20190822111058j:plain
看板は2つあって、大きく描かれていたのはこっちじゃないほうですね。無念。
f:id:ashitaka56:20190822105717j:plain
もちろんしぐれ焼きを注文。富士宮焼きそばの麺が入っていて食べごたえ十分でした。
島風お好み焼きに近いですかね?

続いて、普通に見に行った場所です。

さわやか*1

静岡に行ったときにはぜひとも寄りたかった、おいしいハンバーグが食べられるお店。
f:id:ashitaka56:20190821152534j:plain
げんこつハンバーグ。
外側はしっかり焼いてあるものの、内側はレアの状態になっている、肉汁あふれるハンバーグでした。

静岡県富士山世界遺産センター

その名の通り富士山に関する博物館。
富士山の成り立ち、生物や植生、芸術や信仰などなど、様々な観点から富士山を解説していました。
f:id:ashitaka56:20190822091424j:plain
外には大きなモニュメントが。逆さ富士を意識しているんでしょうか。

f:id:ashitaka56:20190821175449j:plain
なぜかここにも鳥居が。しかも浅間大社の鳥居より大きい。

というわけで富士宮でした。
寄り道はもう1箇所あります。

*1:厳密には富士宮にはお店はないんですが、ここで書いてます。

いずキャン△(キャンプ抜き)(2)

伊豆巡り。
今回は45話、48話*1分です。

爪木崎

伊豆半島の南東にある岬です。
f:id:ashitaka56:20190820111638j:plain
爪木崎灯台
非常に暑かったので海からの風が心地よかったです。

f:id:ashitaka56:20190820112545j:plain
俵磯。
柱のような形の岩がぼこぼこと出てきていて不思議ですね。

伊豆オレンヂセンター

伊豆半島の南東にある道の駅的な施設です。
f:id:ashitaka56:20190820095234j:plain
みかんの看板。かわいらしいです。

f:id:ashitaka56:20190820095547j:plain
ウルトラ生ジュース(みかん)
みかんのジュースなので、オレンジのジュースより酸味が少なくて甘いです。
なんでも1杯飲むと3年長生きするとのことらしいです。

f:id:ashitaka56:20190822175235j:plain
みかんワインも買っちゃいました。
これは300mmのちっちゃいボトルですが、鳥羽先生はきっと720mmの大きなボトルを買ったことでしょう。

堂ヶ島

伊豆半島の西に位置する景勝地です。
なお、行った時点では48話の下調べをしていなかったので、写真は適当です。
f:id:ashitaka56:20190820155120j:plain
トンボロなんですが、時間帯が干潮ではなかったため、ほとんど海で覆われてます。。。

f:id:ashitaka56:20190820155211j:plain
亀岩の頭の部分。

f:id:ashitaka56:20190820155644j:plain
天窓洞を上から。
龍宮窟と同様の海食洞です。
遊覧船に乗れば下からも見ることができ、神秘的な光景を楽しむことができるそうです。

というわけで伊豆めぐりでした。
伊豆キャンプ編はまだ継続中なので、終わったところでまた行ってみたいですね。
そのときにはもっと余裕を持った計画を。。。
(思ったより伊豆が広くて大変でした)

*1:48話は現時点で単行本未収録です。

いずキャン△(キャンプ抜き)(1)

現在伊豆でキャンプ中のゆるキャン△
今回は主に8巻掲載分の場所を時間が許す限り巡ってきました。
まずは、43話〜44話分です。

大瀬崎

伊豆半島の北西端に位置する岬です。
f:id:ashitaka56:20190821094824j:plain
岬の先の方はビャクシンの林になっています。
載ってたのは多分これ。途中からほぼ真横に伸びていたりと確かに荒ぶっています。

f:id:ashitaka56:20190821094008j:plain
大瀬崎灯台。岬の端に立っています。

f:id:ashitaka56:20190821092555j:plain
神池。
海がすぐそばにあるのにこの池は淡水なんだとか。どこからか真水が湧いてるんでしょうね。
ここには多数の鯉がいるのですが、池のふちに近づくと鯉の群れがすーっと寄ってきます。
えさを投げ込むと、バシャバシャバシャと大きく水音を立ててえさの取り合いがスタート!
想像してたよりも遥かに熾烈に争ってました。

蛇石峠

伊豆半島の南西に位置する峠です。
ここを県道121号を通って超えます。峠道なので狭いです。
f:id:ashitaka56:20190820145858j:plain
ホントにあるんですねこの看板。びっくりです。

龍宮窟

伊豆半島の南に位置する洞窟です。
f:id:ashitaka56:20190820135813j:plain
なんというかファンタジーみたいな景色です。
もう少し左を向けば伝説の剣とかが刺さってそうな感じがします。

f:id:ashitaka56:20190820140913j:plain
こちらは上から。
なんでもハートのような形をしているとのことで、恋人にも人気があるようですよ?

道の駅 天城越え

伊豆半島の中央に位置する道の駅です。
f:id:ashitaka56:20190819152359j:plain
野クルのメンバーがわさびソフトを買ったお店。
f:id:ashitaka56:20190819153059j:plain
もちろん試してみました。
注文をした直後にすりおろしてくれるので、わさびの辛味や香りはきちんと生きてます。
バニラの甘さとわさびの辛味が混ざり合う、変わり種のソフトでしたね。

下田市

伊豆半島の南東に位置する都市です。
ここに出てきたものをまとめて。

f:id:ashitaka56:20190820131920j:plain
この鳥居のある島は毘沙子島になるんですかね。
これは犬走島付近から撮ったので、載っていた島とはアングル全然違います。
実際は道の駅開国下田みなとのあたりからでしょうか?

f:id:ashitaka56:20190820132300j:plain
黒船じゃー。
遊覧船らしいです。時間があれば乗りたかったなあ。

f:id:ashitaka56:20190820132034j:plain
犬走島。
立入禁止のはずなんですが、釣り人がちらほらと・・・

f:id:ashitaka56:20190820121104j:plain
金目鯛バーガー。
これは道の駅開国下田みなとにあるCAFE & HAMBURGER Ra-Maruでいただきました。
甘辛いタレとチーズがよく合います。金目鯛フライは固めに揚げてあって食感もグッドです。

なお、足湯や錨は事前調査不足により見つけられず。
後からちゃんと調べたら道の駅開国下田みなとの隣にあるまどが浜海遊公園内にあるじゃないですか・・・
まあ、それは次巻以降の場所を巡る際に一緒に回りましょうかね。なお、いつになるかは未定。

舞鶴に行ってきた(食べ歩き編・2日目)

前回に引き続き、食べ歩きの旅です。

舞鶴港とれとれセンター

f:id:ashitaka56:20190714085041j:plain
西舞鶴側にある海鮮市場。道の駅もあります。
ここで朝食を取るため開店直後にやってきました。

f:id:ashitaka56:20190714092635j:plain
一夜干し!
魚は何だったか忘れてしまったのですが、脂が乗っていてご飯が欲しくなる味だったのは覚えてます。

f:id:ashitaka56:20190714092631j:plain
トリ貝のお寿司。
身も大きく歯ごたえもよかったです。

f:id:ashitaka56:20190714090835j:plain
ここでも牡蠣!今度は生でいただきましたが、身が大きくて食べごたえがありました。

舞鶴グルメ六六艦隊「真夏のグルメ祭り」

赤れんがパークにて行われていたグルメフェスタ。
この日同じ場所で艦これの同人誌即売イベントである砲雷撃戦!よーい!も行われていたため、多くの人で賑わっていました。
f:id:ashitaka56:20190714105956j:plain
ホルモン焼きそば。
ガツンとした味で、スタミナがつきそうですね。

f:id:ashitaka56:20190714111504j:plain
マイヅルプリン。
とろっとしていて濃厚でした。

f:id:ashitaka56:20190714140029j:plain
無水カレー。
辛さの中にも野菜の甘味が感じられる一品でした。

f:id:ashitaka56:20190714141825j:plain
クロワッサンたい焼き。
皮がパリパリで美味しい。中身はいくつかあって、自分はあんこを注文したんですが思ったより悪くなかったです。

会場で売られていたいわゆる万願寺砲も食べてみたかったんですが、あまりの行列に断念。
これを食べるには相当の覚悟がいるようです。

おまけ

f:id:ashitaka56:20190714193714j:plain
これは舞鶴ではないんですけど、晩に食べたモツ鍋。なぜに京都でモツ?

というわけで2日目でした。
お店で食べるのもいいですけど、市場だったりお祭りの屋台だったりで食べるのもまたいいなあと再認識できた日でした。

舞鶴に行ってきた(食べ歩き編・1日目)

今回もスタンプラリー以外にもいろいろと巡ってきました。
主に食欲を満たす方向で。

坂井精肉店

f:id:ashitaka56:20190713121008j:plain
肉じゃがコロッケで有名なお店です。
某有名同人誌で紹介されてたこともあり、店内は提督と思しき人達が並んでいました。

f:id:ashitaka56:20190713122054j:plain
揚げたてでアツアツのサクサク。
そのままでも結構しっかり味がついていて美味しいです。

パンのほっぺ

坂井精肉店の隣にあるパンのお店。*1
店先に何故か舞鶴のキャラ*2のグッズが並べてあり、気になったので入ってみました。
中はログハウスのような感じで、普通のパン屋でした。

f:id:ashitaka56:20190713122746j:plain
f:id:ashitaka56:20190713122842j:plain
パッケージに惹かれてコロッケバーガーを購入。
コロッケはお隣の坂井精肉店ものだそうです。
コロッケはもちろんですが、パンがもっちりしていて美味しかったです。
食べごたえのあるバーガーでした。

海望亭

f:id:ashitaka56:20190713125639j:plain
ここではのとじまキーマカレーを注文。
野菜もたっぷりで健康的ですね。

f:id:ashitaka56:20190713125642j:plain
ついでに焼き牡蠣も頼んじゃいました。
火が取っていてもだいぶ大きいです。

スカイカフェ nanako

前の記事で紹介した五老スカイタワーのすぐそばにあるカフェです。
天気が良ければ絶景を眺めながら食事を楽しむことができたんでしょうが、この日は生憎の天気でした。

f:id:ashitaka56:20190713155832j:plain
ここでは万願寺バーガーを注文。
万願寺とは「万願寺甘とう」のこと。
とうがらしではあるもののそこまで辛くなく、肉厚で食べごたえがあります。
万願寺のほのかな辛味がいいアクセントになって美味しいハンバーガーでした。

というわけで1日目でした。
2日目もいろいろ食べ歩きますよ。

*1:上の写真にも見切れて写ってますね。

*2:うまい言い方が見つからなかったのでこんな言い方になってますが、なぐもさんキャラデザのこの方達です。 「三笠なつみ」「敷島かえで」軍艦名の通りから女性キャラ誕生 : 京都新聞