読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8月の読書記録

お盆休みがあったおかげで、若干読んだ量が増えてます。
なれる!SE7を読んでへこんだり、東雲侑子シリーズを読んでニヤニヤしたりな8月でした。

8月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3337ページ
ナイス数:55ナイス

東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)
今巻は英太と東雲が最初からずーっといちゃいちゃしてて微笑ましいですね。なかなかくっつかずにやきもきさせられたことも今は昔。3年生になった英太が直面するのは進路のこと。あれこれ思い悩みますが、英太の決めた結論はなかなかかっこいいと思います。3巻できれいにまとまった本シリーズだけど、これで終わりというのはちょっとさびしいですね。2人に幸多からんことを。
読了日:08月26日 著者:森橋ビンゴ
東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる (ファミ通文庫)東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる (ファミ通文庫)
東雲侑子シリーズの2巻。東雲のことはもっと知りたいが、自分の鈍感さが露見して東雲と離れてしまうのが怖い、というジレンマに陥っている三並の心境が丁寧に描かれてます。一方で、幕間の文章を読むと、東雲の方も悩んでいたことがわかって…あー、もうもどかしい!普段は無愛想だけど、ここぞというときに自分の思いを行動で示す景介が大人!という感じでかっこよかったですね。
読了日:08月19日 著者:森橋ビンゴ
東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)
恋愛物。ラノベだと割とハーレムっぽい展開が多いので、ラノベでこういったきちんとした恋愛物を読むのは逆に新鮮。東雲との距離を測りかねているが三並がなんとももどかしい。幕間に挟まれる文章を読むと、もどかしさがさらにアップ。でもそこがいい!青春だなあ。今後2人がどのようにつきあっていくのかが、なんとも気になります。
読了日:08月18日 著者:森橋ビンゴ
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金3 (ファミ通文庫)龍ヶ嬢七々々の埋蔵金3 (ファミ通文庫)
ふてくされてる猫耳フードの天災がかわいい。遺跡探索はこれまでのような出し抜き合戦がなく、あっけなく進んだなという印象。次回は、七々々コレクションを賭けたゲーム?という何やらテコ入れが入ったような展開なんだが、どうなることやら。
読了日:08月18日 著者:鳳乃一真
なれる! SE7 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫)なれる! SE7 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫)
「萌えるSE残酷物語」というのが本シリーズのキャッチコピーですが、残酷すぎて萌えないよこれ。しかも、これと似たような話が現実にあるというのがまた…工兵の頭に浮かんだ「奴隷じゃないか。」という言葉にまた打ちのめされますね。何かとやってられない!と思うようなシーンが多いですが、梢が暴走するシーンで少し気が晴れました。
読了日:08月17日 著者:夏海 公司
のうりん 4 (GA文庫)のうりん 4 (GA文庫)
田舎に泊まろう!的なのうりん4巻。最後の見開き3ページには笑った。何かいい話っぽくしてた耕作だけど、当然の報いですよねあれ。ギャグを交えつつも、農業や農村に関することが散りばめられていて、勉強になります。『まだ、たったの三十回や』という言葉にグッと来ました。あと、これ読んでたら無性に鹿肉が食べたくなりました。そういえば「銀の匙」でも鹿肉が出てましたな。
読了日:08月17日 著者:白鳥 士郎
アクセル・ワールド12 ―赤の紋章― (電撃文庫)アクセル・ワールド12 ―赤の紋章― (電撃文庫)
ぺろぺろシーンがエロい。ショコラたん、また登場しないかな?今回の話で様々な情報が明らかになったものの、まだ伏せられているものもあってもどかしい。三度、クロウとサーベラスが戦うことになるのだが、まさかあの技に使い道があったとは。その後、別のアバターたち(エレメンツのあの人も!)が乱入し、いったい今後どうなるんだ!というところで、安定の「つづく」。しかも、次巻が出るまで少し間が空くようで…
読了日:08月15日 著者:川原礫
這いよれ!ニャル子さん 9 (GA文庫)這いよれ!ニャル子さん 9 (GA文庫)
劇場版「ニャルラトホテプの消失」的なニャル子9巻。いつもより若干シリアス分多めかも。そこからしょうもないオチへの展開は相変わらずだがw今とはちょっと違う関係性の昔の3人が新鮮だった。まったく小学生は(ry 既刊からの伏線を拾ってきたのは少しびっくり。
読了日:08月11日 著者:逢空 万太
這いよれ!ニャル子さん 8 (GA文庫)這いよれ!ニャル子さん 8 (GA文庫)
真尋がツンが増量されてたような気がする今回のお話。7巻の断章を読んでると、真尋からすげなく扱われてるシャンタッ君がかわいそうに思えますね。普段は女々しいハス太くんが、今回は主人公か?と思うほどかっこよかったです。特撮ネタはフォーゼに突入。宇宙キター。あと、今回のオチもなかなか危ないところを攻めてますな。
読了日:08月11日 著者:逢空 万太
這いよれ!ニャル子さん 7 (GA文庫)這いよれ!ニャル子さん 7 (GA文庫)
短編集。こうして時間軸的に昔の真尋を見ると、最近の真尋はデレてきてるのがよく分かりますね。そして、まさかシャンタッ君まで惚れさすとは、恐るべし真尋。5章で恒例の都合のいい伏線探しクイズができるので、挑戦したい方はぜひ。あと、表紙をめくったところの挿絵シャンタッ君がえらくかわいい。今後あの姿で出てくる機会はないものだろうかw
読了日:08月05日 著者:逢空 万太
這いよれ!ニャル子さん 6 (GA文庫)這いよれ!ニャル子さん 6 (GA文庫)
普段バカやってるニャル子があれだけ真剣に自分の想いを吐露したのに驚いた。真尋に対する想いだけは本当なんでしょうね。ただ、ニャル子はそんな落ち込んでる姿よりも、陽気にバカやってる時のほうがうざかわいくていいですね。あと、オーズネタが入ってるのを見てニヤニヤ。
読了日:08月05日 著者:逢空 万太

2012年8月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター